房総半島で旅をして素敵な思い出を作りましょう

どんな季節でも楽しめるエリアです

千葉県の房総半島は、内房・外房エリアに分かれており、多くの観光名所やグルメが揃っています。冬から春にかけては東京ドイツ村のイルミネーション・夏は九十九里浜の海水浴・秋は養老渓谷の紅葉狩りといった観光があり、季節によって異なった楽しみ方が出来るでしょう。

グルメがとても魅力的です

房総半島のグルメは魅力的な物が数多く揃っていて、伊勢海老や鯛を始めとした新鮮な海産物・ハウスイチゴ・冨浦のビワなどが有名です。最近では、ラーメンによる街おこしも盛んに行われており、勝浦市の勝浦タンタンメン・富津市周辺の竹岡ラーメンが有名です。勝浦タンタンメンは、冷えた体を温めたい漁師の為に作り始めた事が由来とされているので、最後まで冷めないように、多めのラー油で表面を覆った熱々ラーメンが食べられる事が魅力です。寒い時期のドライブ・ツーリングでいただけばあっという間にポカポカの体になるでしょう。竹岡ラーメンは、見た目は濃い?油ラーメンであるものの、すっきりした後味に仕上げている事・タマネギで甘みを引き出しているので、最後までスープを美味しくいただく事が出来ます。

房総半島への交通手段

自家用車で行く場合は、東京湾アクアライン・館山道・圏央道などで行く事が可能で、自家用車を持たない場合は高速バス・特急・フェリー(東京湾を横断)などを使って東京・神奈川から行けます。半島内の路線バスは、特急停車駅などの主要駅から出発しているので、有効活用して房総観光を楽しみましょう。

フラマイレーツについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です