健脚自慢におすすめしたい場所は尾瀬国立公園です

1泊2日か2泊3日で尾瀬を満喫

尾瀬といえば全国的に有名な湿地や高原地帯ですが、東京や神奈川の都心部から気軽に行ける国立公園として多くの観光客から人気を集めています。日帰りで行く事が可能なエリアであるものの、尾瀬を満喫したい場合におすすめなのが現地の山小屋に宿泊するツアーです。ツアーは、6月頃から秋まで参加する事が可能で、バス・新幹線(最寄駅からはバスに乗り換え)・私鉄などの移動手段があります。夏休みシーズンは混雑するのが一般的なので、7月・8月の予約は早めに終えておくのが良いでしょう。

尾瀬でトレッキングを楽しむ

尾瀬のトレッキングは、2千メートル前後の高山地帯を縦走するか、湿原地帯を散策するかの2つに分かれていて、散策ルート沿いでは多くの山小屋が営業しています。山小屋は、夕食と朝食がセットになっているのが通常で、2日目の昼に関しては予約をしておけば弁当を準備してもらう事が可能です。尾瀬は、水質・ゴミ投棄に関する環境問題が以前に起きた事で、山小屋の水質管理は厳しく管理されており、合成洗剤や石鹸の使用はルール違反になっています。シャワーの利用や入浴は普段通りに行えますが、汗を流す程度の入浴をイメージしておきましょう。

持参したい飲食物について

持って行った方が良い飲食物は、すぐにエネルギーになるおにぎり・パン・バナナといった軽食類です。火気の使用が制限されている事で、保温性の高い水筒を持って行く事もおすすめであり、それを使えば温かいスープ・お茶・コーヒーなどを初日にいただく事が出来ます。

フラマイレーツについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です